マンションとアパートの違いって一体何でしょうか?意外と知らないアパートとマンションのボーダーライン

マンションとアパートの違いとは

マンションとアパートの明確な違いは現在のところありません。国の法律で定められていれば分かりやすいのですが、今のところ不動産業者や大家さんが自由に「この物件はアパート」「こちらの物件はマンション」と呼んでいる状態にあります。

 

しかし、それでは二つの識別をつけることができません。マンションとアパートは規定がないものの、その認識には長い年月で大きな傾向が現れています。

 

アパート経営での物件の認識
一般的にアパート経営を行っている人の物件は、木造建築がメインで2階建てまでの範囲で建物が取り扱われています。

 

マンション経営での物件の認識
マンション経営を行っている人の物件は、主に鉄筋コンクリートで建設されており、2階建て以上の中・高層マンションが取り扱われます。建物の中も設備が完備されており、経営するにも借りるにも費用が掛かる物件です。

 

ちなみに先にも述べた通り、特に規定がないため一見して平屋建ての建物を、アパートまたはマンションと主張する事も可能となっています。それはあくまで両者が名称の違いにすぎないからです。

アパマン経営のメリットとデメリットとは?いいことばかりじゃなく、悪いことも両方ご紹介!

アパマン経営のメリット

アパマン経営のメリットは不労所得を得られることであり、管理を委託すれば手間を削減できるので

 

副業でも利用できます。

 

アパート経営、マンション経営は副業でもOK

税金面でも相続税を減らせたり、一般的には赤字になりやすい初年度に給与所得と通算して

 

節税も可能

 

です。インフレ対策にもなり、物価が上昇すれば不動産の価値も上昇するため売却額が高くなります。

 

また、戸数が多くなるため、戸建ての運用では入居者がいなくなると収入が完全に途絶えてしまうリスクの回避もできます。

アパマン経営でのデメリット

デメリットは入居者が毎月家賃を支払うとは限らず、

 

滞納することがあるので対策が必要

 

です。

アパート経営、マンション経営のデメリット

 

委託した管理会社が責任を持って取り立てれば良いですが、個人で管理する場合は自分で行うことになるので手間になります。

 

物件を慎重に選ばないと周辺環境の変化で住宅の需要がなくなり、

 

空室ができてしまうリスクも

 

あります。インフレ対策になると言っても、需要が減って地価が下落すれば売却したときに損失になる場合もあるため注意しましょう。

アパマン経営のリスクとは?リスクを理解して、しっかり取り組みましょう。

アパートやマンションを建設し、その賃貸料で利益を得るという投資方法(アパマン経営)は、基本的にリスクは低いために多くの人に勧めることができるものとして知られています。

 

その理由としては、

  • 物件が資産となり必要な時に現金化しやすい
  • 相続税の対策としても有効である
  • 長期的に安定した収益が得られる

上記のようなことが挙げられます。

 

実際に投資を行っている人は、初心者や上級者を問わず、不動産物件を所有して運用しているケースが多く見られます。

 

しかし、潜在的なアパマン経営のリスクはしっかりと理解をしておき、ケースによって対策を講じておくということも忘れないことが重要です。

アパマン経営のリスクと対策

空室が発生する可能性

アパート経営、マンション経営の空室のリスク

経年劣化により物件の魅力が低下してくることなどが要因となりますので、管理をしっかりと行うことやリフォームを行い物件の魅力を維持することが大切です。

 

入居者の賃貸料金未納トラブル

アパート経営、マンション経営の賃料未納のリスク

これは入居審査を確実に行うことでリスクを低下させることができます。物件の管理は専門の業者を介在させて行うということもできますので、よく検討して利用するようにしましょう。

アパマン経営は実際に儲かるの?かんたんに解説!

土地の有効活用でアパマン経営を検討する場合は、

 

収益シミュレーションがおすすめ

 

です。かんたん具体的に家賃収入を想定できるだけでなく、運用コストとの比較も容易にできるからです。

 

土地活用、アパマン経営をお考えなら収益のシミュレーションをしましょう

 

家賃収入の全額を賃貸経営の収入で把握してしまわずに、

 

運用コストの経費を念頭に置くことが大事な点

 

です。

 

アパマン経営は入居者の家賃収入と、契約更新手数料の収入から一定割合でメンテナンス費用への活用を提案しますので、安心して運用できる環境が整っています。

 

アパマン経営での収入(家賃、更新料など)

収益の計算は、収入となる家賃と契約更新料を把握してから、納税分とメンテナンス費用を経費の支出で把握したうえで行うのがポイントです。かんたん具体的に収益シミュレーションを活用すれば、ある程度の正確性で未来予測が可能です。

 

アパマン経営は空室対策にも配慮されていますので、収益シミュレーションしやすいのもメリットです。

 

賃貸住宅はマイホームとは異なる物件なので、不動産会社による運用実例が参考になります。

アパートやマンションの経営してみませんか?

毎日のように年金やら老後の心配やらという話題がニュースや新聞を騒がせている昨今ですが、そういった不安を払拭するべく、アパート経営やマンション経営を検討してみませんか?

 

スマイスターでは小額投資から始められるアパート経営や、大きく投資してその分稼ぐこともできるマンションの経営など、豊富な実績とノウハウで様々なアドバイスを提供できます。

 

ことに、マンションに関しては、現在の自宅がある場所にマンションを建てて、その最上階などに広い部屋を作って自分が住むこともできる、というプランもあります。

 

土地活用でマンション建てて自分で住む

 

まずはスマイスターに相談して、土地活用やアパート経営、マンション経営のシステムを勉強してみませんか?

 

スマイスターの経験豊富な専門家が、これまでに対応してきた様々なプランの実例、実績を提示したり、ご事情をうかがって、それぞれに適切なアドバイスもできることでしょう。知識が増えれば、これから先の人生の選択肢も増えていくものです。